新宿のレーザー脱毛と日焼け

最近は減ってきましたが、以前は日焼けサロンが大流行して特に若い男女の中には日焼けで真っ黒という人も多かったです。

そんなファッションに敏感な若者の中には新宿でレーザー脱毛をしたいという人もたくさんいて、美容皮膚科や美容外科にレーザー脱毛をしに行った方も多いと思います。

しかし、新宿の美容皮膚科の中には日焼けなどでダメージをおった所の脱毛を断る所もあったはずです。

なんで日焼けしているからといって脱毛を断られてしまうかというと、レーザー脱毛の仕組みに関係あるんです。

レーザーによる脱毛は、お肌にレーザーを当てることにより、毛の黒部分の毛根などを処理して脱毛します。

この時、肌自体が黒いと毛なのか肌なのか器械自体が判断できない場合があるのです。

そうなってくると、レーザーを当てることによって、毛ではなく肌の部分にトラブルが起こってしまう可能性が高くなります。

よくある日焼けでのレーザーのトラブルが火傷です。

器械が毛だと思ってレーザーをあてたところが実は日焼けした肌だったということになるのです。

ですのでこのようなトラブルを避けるため、美容皮膚科などでは色が黒く日焼けした人を事前にレーザーを使った脱毛はできないと断るのです。

トラブルになってからではお互い嫌な思いをするのでしょうがないのですが、こうならないためにもできれば皮膚に負担がかかる日焼けは避けた方が良いです。

そうでなければ、日焼けする前の4月から6月までの間に新宿の美容皮膚科などでレーザーによる脱毛を行って下さい。

★探す際はこちらをCheck!=>レーザー脱毛の選び方in新宿

この時期ならまだ空いてますし、日焼けで断られるような事もありません。